今世界は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、だれもが経験したことのない社会の真っただ中にあり、この状況から一刻も早く脱却し、かつての「あたりまえ」の社会に戻ることを皆が望んでいます。
当実行委員会では、これからの新しい社会生活の時代に向かい「希望と力強さ」に満ちた幕張新都心のシンボルとして、あわせて全ての感染症対策に取り組まれている、医療従事者、介護従事者、社会インフラを支える人々に感謝をこめ、さらに延期された東京オリンピック・パラリンピック競技大会の会場の街としてその成功を祈り、それらを象徴するイルミネーション「マクハリイルミ20/21」を企画いたしました。

幕張新都心イルミネーション実行委員会
委員長 大木 実

※イルミネーションの配置や画像は昨年度のものもしくはイメージであり、今後関係機関等との調整の中で変更になる場合があります。